服装・身だしなみ

服装・身だしなみのポイント解説
af0100027976

ビジネスの身だしなみのポイントは、清潔感と機能性です。

「見た目」の印象はやはり大事

姿勢

おへそを縦に伸ばすような感じで姿勢を正します。
正しい姿勢は見た目が美しいだけでなく、腹筋に力をいれることにもつながるので、シェイプアップにも効果があります。

髪型

髪の色(茶髪など)の濃さや髪の長さは、会社によって決まりがあると思いますので、社内規定などを確認してください。
いくら髪型をバッチリ整えていても、肩にフケが落ちていたら清潔には見えません。
フケは気になっても周囲の人からはなかなか注意しづらいので、自分自身できちんとチェックするようにしてくださいね。

ひげ

無精ひげをあえて剃らないままにしている人がいますが、ビジネスシーンでは無精ひげを生やしたまま人前にでることはNGです。
ひげを伸ばすことが許されている会社もあると思いますが、新入社員のうちは控えておいた方が無難です。

手と爪

爪は伸びていないか、爪アカはないかに注意して、常に清潔にしておきます。
手の甲にペンで忘れないようにメモをしていた場合、接客のときなどはかならず落とすようにしましょう。
お客様の注意がそちらにいってしまい、話を聞いてくれない場合があります。
ボールペンのインクで手が汚れているときも同様です。

服装には気を使おう

大きな鏡に全身を映し、他人の目で自分の姿をチェックしてから出かけよう!

女性編

ユニフォーム

女性の場合ユニフォームを着用する職場も多いと思います。
きちんとシャツがプレスされているか、スカーフがある場合、ずれていないか、結び目は大丈夫か、などチェックすることを忘れないように。
普段の服装に気を遣うのと同じように、ユニフォームもきれに着こなすことを心がけます。

スーツ

男性のビジネススーツでも多く見られる、紺やグレーが基本ですが、その他にはベージュやブラウンも好感度が高いです。
夏場は白やスカイブルーも爽やかです。
柄ものよりは無地、または遠くから見て無地に見えるストライプの方が無難です。
パンツスーツの場合、正式な場ではウール素材など上下揃ったものを着用するほうがよいそうです。
スカートのスーツよりも行動的に映るので、色はベーシックに紺や黒、グレー、ベージュに抑えておくのが上品かと思います。

アクセサリーと靴

スカーフを首に巻いたり、小さなネックレスをするのは女性ならではの印象アップの方法です。
アクセサリー類は目立たない控えめなものが基本です。
靴はきれいに颯爽と歩ける靴を選ぶようにします。
ミュールやロングブーツなどはビジネスには不向きです。

メイク

派手なメイクはNGですが、逆にまったく化粧をしないノーメークでもいけません。
寝坊したからといって通勤電車の中で化粧をしたり、勤務時間中なのにトイレで念入りに化粧直しをしているのはいけません。
どんなに時間がなくても、せめて口紅だけはつけてくださいね。

男性編

スーツ

ビジネスの身だしなみには清潔感が何よりも大事です。
男性用のスーツは、色や柄がある程度決まっているので、選ぶ際の間違いは少ないのですが、着こなしのポイントとしては、ポケットに物を詰め込みすぎないことです。
かさばりや重みで服の型がくずれてきたら、だらしない印象になってしまいます。

ネクタイ

男性のネクタイは、その人らしさが表れる重要なアイテムです。
ネクタイをクタクタになるまで使わずに、2~3千円のもので構わないので、汚れる前にこまめに替えるようにしましょう。

黒のひも靴かスリップオンが基本です。
「おしゃれは足元から」といわれるように注目度の高いところですので、きちんと磨いて履きましょう。

靴下

ダークスーツに白色の靴下を合わせているのはNGです。
靴下の色は、靴の色かズボンの色に合わせるようにします。


関連ページ