精一杯のありがとうを。定年退職のお祝い

精一杯のありがとうを。定年退職のお祝いのポイント解説
FQ127_L

個人的にお世話になった方には格別のお祝いを

多くの会社では、定年退職する人のお祝いと送別会など慣例化していうると思うので、職場の人たちで何か記念品を贈るというのであれば、それにしたがって間違いありません。

個人的にお世話になったという人であれば、職場の決まりとは別に贈り物をしてあげたいところです。
その場合は職場での贈り物とかぶらないように、その人の趣味に合わせた贈り物がベストです。

  • お祝いの品、送別会などは会社の慣例に従う。
  • 特別お世話になった場合は趣味の品物を個人的に送ってもよい。(予算は1万円以上)

父親が定年退職する場合

「長い間、お疲れ様でした」という、ねぎらいの言葉が第一です。
ささやかでもホームパーティなど企画するといいかと思います。
家族でお金を出し合って旅行などプレゼントしてあげてもいいですね。


関連ページ