餞別のシーン別適正金額

餞別のシーン別適正金額のポイント解説
coins-548949_640

餞別は気持ちでじゅうぶん

餞別とは、辞書でその言葉を調べてみると
「転任する人や遠くへ旅立つ人などに、別れのしるしに金品を贈ること。また、その金品。」(大辞林より)
とあります。
旅行程度で餞別を渡すことはめったにないと思いますが、ビジネスシーンでは上司や同僚の海外出張・研修などで旅立つ場合もあるかと思います。

シーン別 餞別金額

上司、同僚が長期海外出張や海外研修に行く場合

グループで餞別を渡す。
予算は一人5千円程度。
特に親しい場合は個人的に1万円程度。

上司、同僚が転勤で遠距離に行く場合

社内の規則があればそれに従うが、特に親しかった場合などは個人的に1~2万円を別に渡す。

親しい友人が海外留学する場合

1~2万円ほど渡すほかに、海外で喜ばれるものをプレゼントするのもよい。
大きなものは郵送で送る。

銀婚式の記念などで両親が旅行する場合

たとえ国内でも1~2万円の餞別を渡す。

見送りで花束なんて絶対駄目

餞別は基本的に現金が無難です。
見送りにいったときに渡すのがベストですが、行けない場合は事前に渡しておきます。
餞別を渡さなくてもいい場合で見送りにいった時は、機内や車内でつまめるお菓子や雑誌など渡すだけでも十分です。

見送りで花束を渡すのはマナー違反です。
意外にも、道中ずっと持っていることになるため迷惑になってしまいます。

選別のお返し

自分が旅行や留学などで餞別をもらった場合、旅先からのお礼状で本来は十分です。
ただ、お礼状だけではなく、荷物にならないお土産を買っていって渡すのもいいでしょう。

転勤などの餞別もお返しは不要ですが、任地に着き落ち着いてから、近況報告という形で礼状を書くようにします。


関連ページ