意外と知らない中華料理のマナー

意外と知らない中華料理のマナーのポイント解説
CZ192_L

円卓を囲んでみんなで取り分けて食事をする中国料理のスタイルは、にぎやかで和やかな雰囲気がありますよね。
西洋料理や日本料理に比べて決まりごとがそれほどなく、大勢で楽しくいただけるのが中国料理の大きな魅力です。
食卓をより楽しくするには、周囲への気配りは欠かせません。
まず、中国料理の種類やテーブルセッティングについて覚えておきましょう。

中国料理の種類

広い国土を持つ中国では、地域によっていろいろな料理が発達しています。
日本で有名なのは、4大料理といわれている、北京、上海、四川、広東の料理です。
それぞれの料理や味の特徴を覚えておくとお店を選ぶときの参考になります。

中国4大料理の特徴

北京料理

首都北京の宮廷料理を中心に発達した料理です。
寒い地方のため濃厚な味付けが特徴で粉を使った料理も多く、「北京ダック」や「水餃子」が代表的です。

上海料理

海、川、湖と水に富んだ地方なので魚介類が豊富です。
素材の味を生かした淡白な味付けと、濃厚で甘辛い味付けとがあります。
「上海がに」「豚肉の角煮」などがあります。

四川料理

山深く寒い地方のため、唐辛子や山椒などの香辛料を豊富に使ったピリ辛な料理が多いです。
「麻婆豆腐」が代表的で、穀物もよく使われます。

広東料理

海の幸と山の幸に恵まれているので、素材の持ち味を生かす淡白な味付けが多いです。
フカヒレ、燕の巣などの高級食材も使われます。
また「飲茶」の発祥の地でもあります。

日本では地方の味にこだわらず、各地方の人気の料理を選りすぐって出しているお店もたくさんあります。
また、日本や西洋の素材を取り入れて新しい味を出したり、フランス料理のようにひとり一皿ずつサーブするお店もあります。
お店を予約するときは、事前にメニューや料理の出し方などをチェックしておくと安心です。

オーダーするときの注意点

中国料理は大皿から取り分けて食べるのが基本になります。
なのでコースの量はひとり分ではありません。
コースで注文する場合は、何人分のコースであるかを確認する必要があります。

アラカルトで一品ずつオーダーする場合も同じで、一品ひとり分ではなく、小盆と書かれてあれば2~3人分で、中盆で4~5人分が一般的です。
一皿の量はお店によって違うので、かならず何人分かを確認しましょう。

基本のテーブルセッティング

tablesetting-c
1,箸 2,取り皿 3,小皿 4,ちりれんげ 5,杯 6,グラス

中国料理のテーブルセッティングには厳密な決まりごとはありません。
箸の位置は日本式に取り皿の前に横にして置かれる場合もあります。
中国料理は基本的には箸でいただきますが、食べづらいものは「ちりれんげ」が自由に使えます。
また、卓上に調味料が出ているので、小皿にとって好みでつけて食べます。

中国料理のフルコース例

1、前菜
くらげや棒々鶏(バンバンジィ)など冷製の料理が盛りあわされています。
2、湯(タン)
スープのことで、卵スープなど軽めのものは主食の前に出ます。
3、主菜
メインディッシュで肉、魚介、野菜などの料理が4~5品出ます。
4、主食
炒飯や焼きそばなど、ご飯や麺類が出ます。
5、点心
デザートのこと。シューマイや杏仁豆腐、フルーツなどが出ます。

円卓のマナー

円卓での席次や回転台の回し方、料理の取り分け方などのマナーについてまとめています。

席次

円卓にも席次があります。
出入り口から一番遠いところが上座で、出入り口に一番近いところが下座になります。
招待や接待であればゲストが上座に座り、招待する側は下座に座ります。
そうでない場合は、一番目上の人が上座に、目下が下座に座ります。
中国料理では男性優先、女性優先というのはとくにありません。

円卓の席での席次
sekiji-c
入り口からもっとも近い席が下座で、もっとも遠い席が上座です。

席次に迷ったら

上座や下座がわかりにくい場合は、奥まった落ち着きやすい席を上座と考えるといいでしょう。
通路側の席は下座ですので、目下の人が座ってオーダーなどお店の人とのやり取りを引き受けます。

料理の取り分け方

料理は大皿から取り分けていただきます。
その場合、自分の分は自分で取り分けるのが原則です。
同席者が招待客であったり目上の人であっても、基本的には取り分ける必要はありません。
取り分けるのが大変そうなものは、お店の人に頼むことができます。
楽しい食事にするためには、まわりへの気配りが大事です。
大皿からの取り分け方や、円卓を回すときに気をつけることをまとめてみました。

回転台は時計回りで

料理の皿が置かれている回転台は時計回りに回すのが基本です。
上座の人が料理を取り分けたら、時計回りに回して順次料理を取っていきます。

ゲストや目上の人から

料理はゲストや一番目上の人から取り分けます。
料理の皿が遠い位置に置かれていたら円卓を回して料理の皿が目の前にいくようにします。
回されたら遠慮なく取り分けます。

全員にいきわたるように

料理は人数分が盛られているので、全員にいきわたるようにバランスよく取り分けます。
あとで足りなくならないように、やや少なめに取り分けるのがポイントです。

サーバーを元に戻す

サーバーや取り箸が添えられているので、取り分けるときに使います。
使い終わったサーバーなどはきれいにそろえて元に戻します。

全員が取り分けたら食べる

先に取り分けたからといって、すぐに箸をつけてはいけません。
全員が取り分け終わってからいただきます。

お代わり

全員が取り分けたあとに残っている料理があれば、自由にお代わりできます。
残すことのないよう食べられそうなひとに勧めてあげるのもいいですね。

サーバーの使い方

1、右手にスプーン、左手にフォークを持ちます。右手でまとめて持つのは難しいので、両手で持ちましょう。
2、フォークでスプーンの上に料理をのせるようにして、スプーンですくいます。
3、料理を取り皿に移します。取り皿は回転台のそばに近づけておきます。
4、スプーンとフォークをそろえ、回転台からはみ出さないように注意して、料理の皿に戻します。


関連ページ