今すぐ自分で出来る!部分痩せマッサージ

HT118_L

ここでは、薄着の季節に気になる部分・・・
二の腕」「」「首周り」「背中からおしり」のマッサージをご紹介します。

二の腕やおしりは「たるみ」が気になる部分ですよね ドヨォォ─(lll-ω-)─ォォン…
お気に入りのキャミソールを着たのに、腕を動かすとたるんたるんの二の腕が気になったり・・・
そこも、毎日のお手入れで引き締めましょう!

脚は「むくみ」がとっても気になります。
夕方になると靴のサイズまで変わってしまうほどむくんでしまう人は、老廃物が溜まっている証拠だと思います。
リンパマッサージで老廃物を排泄しましょう!

二の腕をキュッと引き締める!

二の腕がたるむ原因は、筋肉が細くなって皮膚にハリがなくなることです。
内側が柔らかくてつまみやすい人は要注意!
マッサージで血行を促し、同時に筋肉を刺激してたるみを減らして、ハリのある引き締まった二の腕を目指しましょうね♪

二の腕のマッサージメニュー

1、腕全体をつかみ「もむ」

手で腕をつまむように、手首からわきまで腕の内側と外側をまんべんなくもみます。
反対側の腕も同様に、左右それぞれ1分間ほどを目安に。(内側と外側各30秒ずつ)

2、腕の内側と外側を「さする」

手のひらを手首の内側に当てて、わきの下に向かって腕の内側をさすり上げます。
次に腕の外側を手首から方に向かってさすり上げます。
反対側の腕も同様に、左右それぞれ1分間ほどを目安に。(内側と外側各30秒ずつ)

3、二の腕を「さする」

手のひらをひじに当てて、肩に向かって二の腕の外側をさすり上げます。
次に二の腕の内側をひじからわきに向かってさすり上げます。
反対側の腕の同様に、左右それぞれ30秒間ほどを目安に。(内側と外側各15秒ずつ)

4、二の腕全体を「たたく」

手のひらをくぼませて、二の腕全体をまんべんなくたたきます。
反対側の腕も同様に、左右それぞれ30秒間を目安に。

むくんだ脚をスッキリ!

ふくらはぎと足首はむくみによって太くなりやすい部分です。
マッサージでリンパの流れを促してむくみを解消すると、引き締まります。
太ももは運動不足でたるんだり、冷えて脂肪がつきやすくなります。
筋肉をもみほぐして温めてたるみを引き締め、スラリとした脚を目指しましょう♪

脚のマッサージメニュー

1、アキレス腱の側面を親指で「押す」

足首を体に引き寄せて、アキレス腱の内側のくぼんだ部分に両手の親指を当ててゆっくりと押します。
位置を少しずつ上にずらしながら、ふくらばぎの半分くらいの位置まで押していきます。
脚の外側のくぼんんだ部分も、ふくらはぎの半分くらいの位置まで押していきます。
反対側の脚も同様に、左右それぞれ30秒間ほどを目安に。(内側と外側各15秒ずつ)

2、ふくらはぎを「さすり上げる」

両手のひらを足首の後ろ側に当てて、手を交互に動かしながらふくらはぎをひざの裏側までさすり上げます。
反対側の脚も同様に、左右それぞれ30秒間ほどを目安に。
手を動かす代わりに、脚のほうを曲げ伸ばしてもOKです。

3、ふくらはぎを「もむ」

脚を開いてふくらはぎを体に引き寄せ、足首に両手のひらを当ててつかみます。
それぞれの手をタオルを絞るように反対方向に動かしながら、足首からひざ下までをもみます。
反対側の脚も同様に、左右それぞれ1分間ほどを目安に。

4、太ももを「さする」

内ももに手のひらを当てて、ひざの内側から脚の付け根に向かって両手を交互に動かしながらさすり上げます。
ももの外側も同様にさすり上げます。
反対側の脚も同様に、左右それぞれ1分間ほどを目安に。(内側と外側各30秒ずつ)

5、ふくらはぎから太ももを「たたく」

手のひらをくぼませ、両手を左右交互に動かし、ふくらはぎから太もも全体をたたきます。
反対側の脚も同様に、左右それぞれ30秒間ほどを目安に。

首周りのラインをスッキリ!

胸元や方に厚みがあるのは、首や肩のこりやむくみが原因の場合が多いそうです。
マッサージをしてこりを改善することで、細い首と美しい鎖骨を取り戻しましょう!
バストのたるみや、わきのお肉も気になりますよね(A;´・ω・)フキフキ
首から鎖骨、わきのリンパの流れを促してむくみを改善して、らるみを引き締めて、ハリのある胸元を目指しましょう♪

首周りのマッサージメニュー

1、首の側面を「押す」

手のひらを首の側面に当てて、頭を手のほうへゆっくり傾け、頭の重みを利用して首を刺激します。
反対側の首も同様に、左右それぞれ30秒間を目安に。

2、首の側面を「さする」

右手のひらを左耳の下に当てて、右に鎖骨に向けて斜め下方向にさすります。
次に左手で同様に右耳の下から左の鎖骨までをさすります。
左右の手を交互に動かし、首の側面をさすりましょう。
1分間ほどを目安に。

3、首の前面を「さする」

首の前面をつかむように手を当てて、左右の手を交互に動かし、あご下から鎖骨に向けてさすります。
1分間ほどを目安に。

4、鎖骨の上下を「さする」

右手を左側の鎖骨に当て、肩先から中央に向けて親指以外の4本の指で鎖骨の上下をさすります。
反対側の鎖骨も同様に、左右それぞれ30秒間ほどを目安に。

5、バストラインからわきを「さする」

バストの下に親指以外の4本の指を当て、バストラインに沿ってわきの下までをさすります。
反対側のバストラインも同様に、左右それぞれ30秒間ほどを目安に。

6、首とデコルテを「たたく」

親指以外の4本の指で、左右の手を交互に動かして、首とデコルテ(首筋から胸元にかけての部分)全体をまんべんなくたたきます。
1分間ほどを目安に。

7、バストを「たたく」

手のひらを少しくぼませて、下から上に向けてバスト全体をやさしくたたきます。
反対側のバストも同様に、左右それぞれ30秒間ほどを目安に。

背中とおしりをほっそりと!

背中や腰は慢性的なこりやリンパの滞りによって、意外にお肉がつきやすい部分です。
おしりは運動不足や冷えによってたるみやすくもなります。
マッサージで血液の循環を良くしてこりを緩和して、さらに体を温めてリンパの流れを促して、老廃物を排泄して、引き締まったヒップラインと、美しいバックラインを目指しましょう♪

背中とおしりのマッサージメニュー

1、背中から腰を「もむ」

両手で背中の肉をつかむように、肩甲骨の下からウエスト、腰骨のあたりまで全体的にもみほぐします。
両手でやりにくい場合は、片手ずつ行ってもOKです。
肉がつかみにくい人は、手のひらで押すようにしましょう。2分間ほどを目安に。

2、背中を「さする」

上体を少し前に倒して、肩甲骨の下あたりに両手のひらを当てます。
上体をゆっくり起こしながら、腰の上まで背中を繰り返しさすります。
両手でやりにくい場合は、片手ずつ行ってもOKです。1分間ほどを目安に。

3、ヒップ全体を「さする」

腰の中央に両手のひらを当てて、密着させておしりの丸みにあわせてヒップラインに円を描くようにさすります。1分間ほどを目安に。

4、ヒップラインに沿って「さすり上げる」

ヒップの下側に両手のひらを当てて、ヒップラインの丸みに沿って持ち上げるようにして腰までさすり上げます。30秒間ほどを目安に。

5、太ももの裏からヒップを「さすり上げる」

上体を少し前に倒して太ももの裏側に手のひらを当てて、上体をゆっくり起こしながら太ももから腰に向けてヒップをさすり上げます。
左右交互に、1分間ほどを目安に。

6、背中から腰、おしりまで全体を「たたく」

上体を少し前に倒し、手のひらをくぼませて背中から腰、おしりまでを全体的にたたきます。
両手でやりにくい場合は、片手ずつ行ってもOKです。3分間ほどを目安に。


関連ページ