社外でのあいさつ

社外でのあいさつのポイント解説
af9980013218

社外であいさつする際のポイント

  • 初対面の人と名刺交換するときは、目下あるいは訪問した側から先に名刺を差し出す。
  • 相手が複数の場合、まず一番目上の人に向かってあいさつする。
  • 打ち合わせの場で名刺をもらった場合は、すぐに名刺入れに入れずにしばらく机の上に置いておく。
    (10分程度過ぎたら、さりげなくしまっても構いません。)

初対面の人との名刺交換の時、自己紹介する前に「いつもお世話になっています」と言うのではなく、
「初めまして、○○社の○○です。よろしくお願いします。」
と先に自己紹介します。

複数人との挨拶

同時に何人もの人と会うときのあいさつは、まず一番目上の人からするのが基本です。
見た目ではどちらが目上か分からない場合は、さりげなくその人たちの言葉のやりとりから上下関係を見極めるようにします。
何度も何度も首を下げるのは、気持ちはわかりますがみっともないのでやめましょう。

その人の特徴、その日のうちに

会社に戻ったら、頂いた名刺をそのままファイルするのではなく、名刺にその人の特徴などを書き込んでおくと、忘れずに覚えておけます。


関連ページ