冷え太りにさようなら!体を温めて代謝を上げる

HT023_L

体温めダイエット

「頑張ってダイエットしてるけど、なかなか痩せないな・・・」とお悩みのあなた!
その原因は「冷え」にある可能性があります。

じつは体が冷えていると、脂肪がたまりやすくなってしまうのです。
しかも、寒い冬の季節より夏が一番冷え太りを起こしやすい季節なのです。
夏はどこへ行っても冷房が効いていて、その中で冷たい食べものや飲みものをとったり、薄着で動いたり、こうした生活のすべてが体に冷えを入れてしまいます。
しかも夏は冬よりももともと基礎代謝が低くなります。

私たちの体は常に体温が一定に保たれるように季節に合わせて調整するようにできています。
そのため寒い冬は、たくさんエネルギーを消費して熱をつくろうとするので、基礎代謝は自然に高くなりますが、夏は気温が高く体温を上げるのにエネルギーを必要としないので、代謝も低く省エネモードになるというわけです。
そこに冷えが入ると、さらに代謝が下がりどんどん太る体質に・・・・
だからこそ夏には体を温めて基礎代謝を高めることが大切です!

冷えをとって代謝を上げる

冷えと肥満」何の関係もないように思えますが、冷えは肥満を引き起こす大きな原因になります。
体が冷えると血行が悪くなって内臓の働きが鈍り、全身の代謝機能が悪くなっていきます。
その結果基礎代謝も低下して、食べものから摂取したカロリーがエネルギーとして燃焼されにくくなり、余ったカロリーが脂肪に変わり体に蓄積されてしまうのです。
これがいわゆる「冷え太り」です。
理論上では、体が冷えて体温が1℃下がると基礎代謝は12%も下がってしまうのだそうです。
つまり同じカロリーを摂取しても、体の冷えている人はそうでない人に比べて、それだけ太りやすいということです。
しかも代謝機能が低下すると体外に排出されるはずの水分も滞ってしまい、むくみとなって表れます。
体がむくむと太って見えるというだけでなく、そのままにしておくと、そのたまった水がさらに体を冷やしてどんどん太りやすくなっていくという悪循環にも陥ってしまいます。
キレイに痩せる為には、まずは冷えをとって温かい体をつくることが大切です。
代謝機能がアップすることによって、とりすぎたカロリーはエネルギーとして燃焼され、余分にたまった水分も体外に排出されやすくなるので、自然に痩せられるというわけです。

冷え度チェック!

冷えといっても、どの程度からだが冷えているのかは自分ではなかなか判断しにくいものです。
そこでまずは以下の設問を読んであなたの冷えの状態を把握してみましょう。
(あてはまる項目の数をかぞえていってくださいね♪)

  • 冷たい飲みもの、食べものが多い
  • 肉や魚はあまりすきではない
  • 濃い味付けのものが好き
  • 甘いものをよく食べる
  • 食事を抜くことがある
  • 最近、運動をしていない
  • 食事を制限するダイエットをしている
  • 平熱が36℃以下だ
  • 寝る前に水分をとることが多い
  • 食事や就寝時間がバラバラだ
  • 肩がこりやすい
  • 手足がむくみやすい
  • 冷房にあたると、手足がすぐ冷たくなる
  • 下痢や便秘をしやすい
  • 夜中にトイレによく起きる
  • 不眠やイライラがある
  • 入浴はシャワーですませている
  • 生理痛がひどいほうだ
  • 夏はキャミソールやノースリーブなど薄着が多い
  • 体がだるく疲れやすい

あなたはいくつ当てはまりましたか?

チェックが1-5「冷え予備軍」

冷え対策をして体に冷えを入れない生活を!
今のところあなたの体はそれほど冷えてはいないようです。
とはいっても、チェックが1つでもあった人は油断は禁物です!
ちょっとした気の緩みから体に冷えが入ってしまう恐れもあるので、冷え対策を怠らないようにしてくださいね。

チェックが6-12「冷え体質」

冷えの原因を見極めて対処し入った冷えを追い出しましょう!
自分では気が付いていないかもしれませんが、すでにあなたの体には冷えが入り込んでいます。
何が原因で冷えを起こしているのか、まずは普段の生活を振り返ってみて、きちんと原因を取り除いて冷えを体から追い出しましょう。

チェックが13-20「冷え重症」

いますぐ生活全体を見直して徹底的に冷えの解消をしましょう!
あなたの体には冷えが相当たまっています。
とくに手足がむくむなどの症状が表れているようなら赤信号です。
このままではどんどん冷え太りが加速していってしまいます。
いますぐ生活全体を見直して、体にたまった冷えを徹底的に取り除きましょう。

体を温める3つの方法

冷えをとって体を温めるには、
食・運動・日常生活の3つの方法があります。

体を温める食べものをとって体の中からしっかり温める!

体をポカポカにする食材と調理法を取り入れて代謝をアップさせれば、体の中からしっかり温めることが可能です。
また摂取したカロリーを効率よく熱に変えるには、栄養のバランスよく食べることも大切です。

運動

適度な運動で筋肉を鍛えてからだの熱をつくりだす力を高める!

体を温めるにはエクササイズなどの運動をするのも効果的です。
体を動かしているうちにポカポカとしてきますし、筋肉には脂肪を燃やして熱をつくる働きがあるので、筋肉が鍛えられれば熱を作り出す力自体もアップします。

日常生活

服装の選び方から入浴法まで日々の生活の中で体を温める!

冷えない服装をする、おふろでじっくり温まる、簡単なストレッチを取り入れるなど、生活のなかでも体を温める方法はいろいろです。
また生活のリズムが乱れると冷えを招きやすくなるので、規則正しい生活を心がけましょう。


関連ページ